〜電撃様が教えるFX用語集〜「スポットレート」

スポットレートとは?


スポットレート=「インターバンクレート」とも言われる
銀行間が取引するレートで新聞やニュースで報道されている金額のこと
ニュースで「本日の為替相場は現在1ドル〇〇円です」と言っているのがスポットレートです。

予備知識!
外国為替の直物取引のことをスポット取引という。

インターバンクレートの仕組み

私たちはFX会社を通して、銀行間の取引金額でFXに参加していることになります。

通貨をやり取りするためには交換してもらう相手が必要です。
お金を扱っているのは銀行なので、銀行と直接交換したいと思っても、私たち個人の小額な売買取引では相手にしてもらえません。
そこでFX会社が仲介役になり注文をまとめることで大きな金額になり、銀行とやり取りできています。

電撃様
結局FXで取引するのは取引画面に表示されているAskとBidの額じゃ!
スポットレートと取引画面の金額が多少違ったとしても、FX会社を信じて取引をしてほしい!


FX用語集

随時更新中!

あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


ら行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です