ジョージソロスってどんな人?

ジョージソロスとは?


George Soros
1930年8月12日〜88歳

イングランド銀行を潰した男
The Man Who Broke the Bank of England

ハンガリーで生まれた、著名な投資家の一人


※wikipedia引用

投資家になるまで

ジョージ・ソロスは、大学を卒業後にサラリーマンとなり、
大卒後は宝飾品販売会社へ勤めて宝石を売って生計を立てていました。

しかし、次第に資産を築く為に金融の分野に進み、やはり金融界で働きたいという気持ちが大きくなり、
アメリカ経済の中心地となるウォール街で働くことに決めました。
これがソロスの投資家への第一歩です。


伝説のクォンタム・ファンド

1969年、39歳のソロスはソロス・ファンド・マネジメント(Soros Fund Management)を設立し、
翌年ジム・ロジャーズとクォンタム・ファンド(Quantum Fund)を立ち上げます。

ファンドの名称はヴェルナー・ハイゼンベルクの不確定性原理を基礎とする量子力学の「quantum(量子)」にちなんで名付けられました。


このクォンタム・ファンドは、史上最強のヘッジファンドとも言われています。
1969年にクォンタム・ファンドに資産1万円を投資し、ジョージソロスに運用を任せれば1997年には資産3000万円以上になっているとも言わるくらいの利益をもたらしたと言われています。
さらに、1973年からの10年間で、4200%のリターンという驚異的な成績をあげました。

黒崎りな
凄すぎてよくわからない数字になってますねw


イングランド銀行を潰した男

1992年ジョージ・ソロスの名を世界に知らしめるとてつもなく大きな出来事が起こりました。

「市場は常に間違っている」という考えを常に持っているジョージ・ソロスは、
1992年当時、イギリスの経済力に比して、通貨ポンドが政府により異様に高く固定されていると考えていました。
そして、狙いを定めて一気に空売りを仕掛けるという大勝負に出ました。
その額がまた桁違いで、100億ドル相当のポンドをショート(空売り)して売り浴びせたと言われています。

ジョージソロスのポンドの売り浴びせにイングランド銀行は対抗し、必死に買い支えを行ったものの最終的には
資金が尽きてソロスに敗れ、
固定相場制から離脱しERMを脱退、ユーロ導入を断念することになったのです(ポンド危機)。

電撃様
この戦いでソロスの得た利益はなんと総額2500億円、イングランド銀行が白旗を掲げる最後のたった1日で1200億円を稼いだとされておる


ジョージソロスの資産

一般的に言われている金額で、ジョージソロスの個人資産は1兆3000億円と言われています。

ジョージ・ソロスの年収は2003年で約800億円、2004年が約300億円、2005年が約900億円、2006年が約1100億円とまで言われており、1100億円は日給に換算すると3億円、時給はなんと1200万円になる計算です。

ソロス個人でこの金額であることを考えると、彼の運用しているファンド全体では一体いくらになるのか想像もできないです。

黒崎りな
時給1200万円!?これは銀行に勝ててしまうのも納得w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です