〜電撃様が教えるFX用語集〜「プラザ合意」

プラザ合意とは?


英語名:Plaza Accord

1985年9月22日の日本・アメリカ・イギリス・フランス・西ドイツの、先進5か国 (G5) 蔵相・中央銀行総裁会議により発表された、為替レート安定化に関する合意のこと。
会議の会場となったアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市のプラザホテルにちなんで、プラザ合意と呼ばれています。

会議に出席した人
日本:竹下登蔵相
アメリカ:財務長官のジェイムズ・ベイカー
イギリス:蔵相ナイジェル・ローソン
フランス:経済財政相ピエール・ベレゴヴォワ
西ドイツ:財務相ゲルハルト・シュトルテンベルク

レーガン政権の小さな政府により、強いドル政策の下で80年代初頭からドル高が続き、国際収支の不均衡が拡大していました。
この合意により、5カ国で協調してドル高を止め、ドル安に向かわせる狙いがありました。

合意後、各国は協調して為替市場に介入し、ドルは円,マルクなどの主要通貨に対し下落し、合意の目的を果たす。
この合意により、合意前1ドル230円台のレートが、1987年末には1ドル120円台のレートで取引されるようになりました。

電撃様
しかし、このドル相場の大幅な下落は逆に米国内に深刻なインフレ懸念を生むなどの弊害をもたらし、為替相場安定を目指すルーブル合意につながることになるんじゃ!
ルーブル合意についてはこれを見るんじゃ!


ルーブル合意とは?
こちらから!


FX用語集

随時更新中!

あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


ら行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です