〜電撃様が教えるFX用語集〜「Sell in May」

Sell in Mayとは?


正式名称:「Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day. 」
「5月に売れ、どっかに行け、セントレジャーデイ(9月の第2土曜日)までは戻ってくるな」

という意味のアメリカ合衆国ウォール街の相場格言の一つ
アノマリーの一つでもある。

「安い時に買って、高い時に売る」というのが投資なので、これに沿えば、
「夏場は、株価が軟調になるので、その前の相場が高い5月に株を売って、夏場は株を持たずに9月の中頃に再び株式投資を始めなさい」
ということになる。

なぜ5月なのかというと、根拠として5月からヘッジファンドなどの決算が集中し、
季節要因から米国の経済指標が弱く出やすい為と言われています。
また、夏場は休暇を取る投資家が多くなり、相場が閑散しやすいことなどもその要因と考えられています。

電撃様
アノマリーについてはこの投稿をチェックするのじゃ!
アノマリーとは?


FX用語集

随時更新中!

あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


ら行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です