レンジ相場に最強の指標であるRSIとは!?

電撃様
りなはRSIというテクニカル指標のことは勉強しているか?
黒崎りな
これはよく目にする指標ですよね!この前サイトでFXサイトで見ました!
電撃様
お!珍しいこともあるもんだな!りなもいよいよFXに目覚めてきたな!
黒崎りな
ただ、説明しろ!と言われたらできないです。w
電撃様
人に説明することで自分の知識になるぞ!アウトプットが大事じゃ!

RSIとは!?

英語で言うと「Relative Strength index」と言います。

Strengthというところからわかるように、現在の相場が上昇なのか、下降なのか
どちらかに傾いているのかを表した指標で”買われすぎ””売られすぎ”の強弱を教えてくれるものになります。
基本的にRSIと価格は動きが一致して動きます。

RSIは一般的に14日間の変動幅の中でどれくらいレートが上下しているか
0%から100%で測るものです。

70%以上で買われすぎ
30%以下で売られすぎ
の判定をします。

このRSIはレンジ相場で絶大な効果を発揮します!
基本レンジ相場での逆張りでエントリーをしますので損切りはしっかり考えないといけません!

RSIの計算方法


RSI=(A/A+B)x100%
A:14日間の値上がり幅の合計
B:14日間の値下がり幅の合計

※14日間ではなく、9日間で計算している人もいます。
一般的には14日間ですが、9日間にするとRSIの上下の乱高下が激しくなります。

ダイバージェンス

基本的に価格とRSIは動きが一致するとお伝えしました。


価格が上昇すればRSIも上昇し
価格が下降すればRSIも下降する
のが普通ですが、まれに価格の動きとRSIの動きが一致しないことがあります。
これを「ダイバージェンス」といい、トレンド転換の合図と言われています。


※下降の場合は70%を下回っているとき
上昇の場合は70%をを上回っているときにダイバージェンスと判断します

上の図をみると、トレンドが下降から上昇に切り替わっていることがわかります。
これがダイバージェンスです!

このダイバージェンスが出た時はトレンドが転換する可能性が大なので、エントリーポイントです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です