〜電撃様が教えるFX用語集〜「チャイニーズ・ウォール」

チャイニーズ・ウォールとは?


語源:「万里の長城」
証券業界が出した自主ルールで、インサイダー取引防止策のことをチャイニーズ・ウォールという

証券会社の引受部には、企業のインサイダー情報が入ってきます。それを同じ証券会社の営業部が利用して営業すればインサイダー取引に抵触してしまうという法律が1989年にできました。

そこで、証券会社は引受部と営業の間に情報が流れないように情報障壁を作りました。
それが「チャイニーズ・ウォール」です。

具体的にどんな壁かというと、両部門を別の建物に設置したり、他部門の人員が入室できないようにしたり、メールや電話も検閲しています。

引受部とは?
企業の非公開情報を知る立場の引受部門


FX用語集

随時更新中!

あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


ら行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です