〜電撃様が教えるFX用語集〜「ヒストリカル・ロールオーバー」

ヒストリカル・ロールオーバーとは


別名:ヒストリカル・レート・ロールオーバー

一般的にFXは2営業日後が決済日となるが、それ以降もポジションを持ち続けられるようにするために、ロールオーバー(ポジションの繰り延べ)を行い、
その際に過去に約定したレートをそのまま使って保有期日を延長すること。

黒崎りな
うーー
難しいです、、
電撃様
簡単に説明しよう!

あなたが1万通貨の取引で1ドル100円で買い、101円になった時に売り1万円の利益が確定したとします。
その場合FX会社がその1万円を2営業日以内にあなたに振り込まなければならないとうルールがあります。

ですが、普通は1回1回取引ごとにお金は振込しないですよね?
毎回の引き渡し作業はFX会社にとっても私たちトレーダーにとっても面倒です。
※毎回入金されていては再度証拠金をFX会社に入金しなくてはいけなくなります。

そこでヒストリカル・ロールオーバーという制度で、必ずしも振込しなくてもいいというルールを作ったということになります。
※もちろんFX会社の出金条件を満たしていれば、毎回引き出しても問題ありません。

このヒストリカルロールオーバーは勝手にFX会社が処理してくれます。
何も言わなければ勝手に延長してくれていますし、出金したい時に私たちは出金できます。

電撃様
まさにトレーダーのために作られたルールじゃな!
FX会社に感謝じゃ!
黒崎りな
こんな仕組みがあったなんて知りませんでした!すごい便利なルールなんですね!
FX会社さんいつもありがとう!


FX用語集

随時更新中!

あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


ら行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です