世界的通貨の代表「米ドル」の特徴を学ぶ

今日は私が電撃様に変わってりなにFX知識を伝授するわね!
と言っても私の国アメリカのUSDについてよ
黒崎りな
アメリカについてですね!嬉しいです!
よろしくお願いします!


米ドルの特徴

ドルには米ドルの他にも、香港ドルやオーストラリアドル、ニュージーランドドルやカナダドルなど、色々な種類のドルがあります。
ですが、“ドル”と聞いて、ジンバブエドルが思い浮かぶ人は少ないと思います。

ドルといえば、アメリカ合衆国の公式通貨(通称:米ドル,USドル,USD)
がすぐに浮かぶぐらい有名な通貨ですが、確かに世界的にも中止的な通貨と言えるでしょう。
国際間の貿易・資本取引などの業務決済に広く使用されるなど、その役割は大きく、世界の基準・標準となっている基軸通貨です。


そのわかりやすい例として、日本は資源国ではありませんので、
石油や天然ガス、石炭といった資源の多くはサウジアラビアやアラブを始めとする中東やオーストラリアなどから買い付けて輸入しています。

本来ならその国の商品を買うので、海外旅行のときと同じ要領でサウジアラビアの通貨であるリヤドや、
豪ドルなどで代金を支払うのが普通ですが、実際には米ドルで取引されています。
なぜなら、米ドルなら世界中に流通していますし、持っていても損はない(価値がある)とみなされているからです。

このように、国同士で金融商品を売買したり、貿易を行うときは、米ドルを用いるのが一般的よ

米ドルが世界の基軸通貨(キーカレンシー)なのです。
その証拠として、ユーロ/米ドル、米ドル/円、英ポンド/米ドル、米ドル/スイスなど、
為替取引の80%以上に米ドルが絡んでいます。世界で最も頻繁に取引される地位にある通貨なのです。

そのため、アメリカの経済指標や政策金利、企業業績や軍事のニュースなど、ドル関連のファンダメンタルが為替マーケットを動かす要因となります。
米ドルは主に米国の相場材料で動き、それらはニュース報道などで比較的簡単に知ることができるため、「分かり易い通貨」と言えます。


重要な経済指標発表

米ドルを取引する上で最も重要な判断材料が、金融政策です。
中央銀行にあたるFRBは年8回FOMCを開催して、金融政策を決定しています。
このうち4回(2回に1回)は、FOMC参加者の経済見通しや大まかな金融政策予想が公表され、議長の記者会見もあります。



そして、最も重要なのが毎月第一金曜日に発表される雇用統計です。
他の中央銀行と異なり、FRBは物価安定だけでなく、雇用の最大化という使命も負っています。

そのため景気動向をビビッドに反映することに加えて、金融政策に大きな影響を与えます。
雇用統計のほかにも、小売売上高や物価統計、企業景況感指数、地区連銀経済報告(ベージュブック)などは押さえておきたい経済指標です。


主な上昇要因

国際情勢
軍事衝突など地政学リスクの高まり、世界的な金融不安の台頭(対円では売られやすい)
政治
要人のドル高誘導・容認発言“ドル高は国益にかなう”など
金融政策
金融引き締め(観測の高まり)
経済指標
雇用統計、小売売上高、ISM製造業指数などの経済指標が市場予想を上回る良い数字の場合
その他
財政収支や経常収支の改善、株高や市場金利の上昇


主な下落要因

国際情勢
地政学リスクや金融不安の後退(対円では買われやすい)
政治
要人のドル安誘導・容認発言など
金融政策
金融緩和(観測の高まり)
経済指標
経済指標が市場予想を下回る悪い数字の場合
その他
財政収支や経常収支の悪化、株安や市場金利の低下


ドルの価格が動く他の要因

悲しいことですが、他の要因とは「戦争」です。

簡単に言うと、戦争が起こるとドル高になります。
ドルを動かすのは、通貨政策のほかに、「景気動向」「経済収支」「地政学リスク」があります。
「世界の警察」を自任していたアメリカは、世界各国の紛争に関わってきた。
その為、世界のどこかで紛争が発生するたびにドルを中心とした為替が大きく動く傾向があります。



かつては「有事のドル買い」といわれ紛争が起こるたびに比較的に信用の高いドルが買われ、ドル高になる傾向がありました。
しかし近年、地政学リスクが高まったとき「有事の円買い」「有事のスイスフラン買い」が目立つようになっています。

日本やスイスは紛争の影響を受けにくいという連想が動く為です。

とくに2001年の「9・11同時多発テロ」では、アメリカが直接の攻撃対象になったことで、ドルは下がりました。


米ドルでの利益の出し方

米ドルはなんといっても為替情報が入手しやすいことが一番の強みです。
各FX会社でも米ドルに関するレポートやニュースは毎日配信されていますし、色々と情報が流れています。

米ドルは世界全体での取引量が多い為、一部の投資家などが米ドルをまとめ買いしたりしても、
全体的な規模からすれば、わずかなので為替レートが大きく上下するような影響も少ない為比較的値動きが穏やかです。

こういった点から米ドルは


・FXを始めたばかりの初心者
・なるべく損失リスクの低い通貨で取引したい場合
・長期的に持っておき、スワップ金利目的の売買を行いたい場合


などにも向いている通貨と言えます。


USDを取引するならオススメのFX会社を紹介

外為オンライン


おすすめポイント!

★プロにも人気の高機能な取引ツール「iサイクル」が大人気!
★口座開設の手間が少なく、無料で5分以内に口座開設完了
★1/10の1,000通貨からのトレードが可能
★最小4,000円から取引可能!
★無料で使用できるデモトレードや初心者向けセミナーで初心者も安心






ヒロセ通運


おすすめポイント!

★脅威の50通貨ペアで他社に比べて圧倒的に多い取引手数料0円!
★1,000通貨という最小の金額から始められる
★入金可能銀行も約380行でクイック入金可能
★今なら最大50,000円キャッシュバック
★安心で嬉しい米ドル/円スプレッドが0.3銭原則固定





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です