〜電撃様が教えるFX用語集〜「イエレンダッシュボード」

イエレンダッシュボードとは


英語名:yellen’s dashboard

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が、利上げ開始時期を判断する上で重視すると考えられている9つの雇用関連指標

2014年4月のイエレン議長の講演では「失業率だけでなく、雇用やインフレ、金融情勢など幅広く考慮すべきだ」という発言をしている。

1.非農業部門雇用者数(Nonfarm payrolls)
2.失業率(Unemployment rate)
3.労働参加率(Labor force participation rate)
4.広義の失業率(U-6 underemployment rate)
5.長期失業者の割合(Long-term unemployed share)
6.退職率(Quits rate)
7.求人率(Job openings rate)
8.採用率(Hires rate)
9.解雇率(Layoffs and discharges rate)

これまで重要とされてきた「失業率6.5%」の達成ではなく、より広く労働市場を確認する為に必要と判断されています。

電撃様
イエレン議長はFRBを退任しているが、今後もFRBが参考にすると注目されている指標じゃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です